>

送料の負担を事前に確認

このコラムをシェアする

送料が購入者負担になることがある

通販サイトにて購入した商品を返品する際には送料が購入者負担となることがあります。
通販サイトにて返品の対応は異なってきます。中には返品をする場合の送料が無料であるといった通販サイトも存在いたします。しかし条件付きでの返品が可能とされている場合には返品の際の送料がお客様負担といったような場合が多くございます。
そのような場合には送料を差し引いた額が返金となりますので注意が必要です。

次に商品を交換する場合も通販サイトによって対応は異なってまいります。
通販サイトの中には返品送料のみ購入者が負担といったような通販サイトも存在すれば返品送料と交換商品の配送料のどちらも購入者負担といったような場合もございます。

返品・交換の場合に生じる送料に関しましても事前に確認しておくようにしましょう。

返品・交換不可商品の確認

服や靴のサイズが合わない場合には返品が可能となっておりますが中には例外の商品や例外の場合がございます。

まず靴の返品が可能な範囲といたしましては室内履きでサイズが合わないことに気づいた場合には返品が可能となります。靴は靴底を汚してしまうといったような場合には返品が不可能となります。まずサイズが合うかどうかといったような確認は室内で行いましょう。いきなり外で確認を行い汚してしまった場合には返品ができなくなってしまうため注意が必要になります。

次に服は下着や水着に関しては返品を一切受け付けていないという通販サイトがほとんどになります。
水着や下着に関しては衛生的な観点より返品を受け付けていないという通販サイトが多く存在いたします。そのため水着や下着選びの際にサイズには十分注意しましょう。