>

多数の注意点

このコラムをシェアする

返品を行う

通販にて服や靴の購入を行うとサイズが合わないといったような問題が発生してしまいます。
自分の着たい服を購入したがサイズが大きすぎてしまった、サイズが小さすぎてしまったなどといったようなサイズ違いが生じてしまう可能性が通販ではあります。そのような場面に遭遇してしまった際にはまず返品を検討しましょう。ここでは返品についての流れなどについてご説明いたします。

通販の場合、特定商取引により法律上では8日以内であった場合には返品が可能であるとされております。8日を過ぎてしまうと返品ができない場合があるためまず商品到着後には試着をするようにしましょう。
試着をする際にはタグを切らないようにしましょう。

試着を行った上でサイズが合わないなどといったような理由から返品が必要になる場合には8日以内に返品を行うようにしましょう。

返品を行う上での注意点

返品を行うにあたってはいくつかの注意点が存在いたします。
ここでは注意点についてご説明いたします。

まず注意点といたしましてはタグを切らないということが重要になります。タグが切れてしまった場合には返品が不可となってしまうことが多くあります。返品の可能性も考え商品はまずタグを切らずに試着するように心がけましょう。次にサイズ違いの場合には返品ではなく交換という形になることがあります。サイズが違っただけの場合には返品という形ではなく交換という対応を取られる通販サイトも多く存在いたします。
利用する通販サイトがサイズ違いに対して返品対応を行なっているのか、交換の対応を行なっているのかということを事前に確認した上で購入に進みましょう。